依頼すること

自宅に獣の気配を感じた時には

少し前から都会の中でハクビシンやイタチの姿を目にするようになってきて、それが少しずつ増え続けていっているのです。それも山間部ではなく都市部の住宅街に多くなってきていて、それに伴って被害を被る家も増えてきているのです。特に横浜あたりではハクビシンの被害に困り果てていて、市や自治体などで対策を練っている最中だったりするのです。そしてハクビシンだけではなく害獣に被害に遭っているお宅は多く、もしも自宅に害獣が現れたらどうするべきなのか知っておく必要があるのです。最大の注意として、もしも獣の姿を見かけても素人が近付くことはしない、害獣駆除は専門の業者に依頼することにして、近付くことを避けるのが大事なのです。

専門の業者に

害獣駆除といっても、ハクビシンなどは体も小さく猫くらいなのであまり危険性を感じないかも知れないですが、体内のどんな病気を持っているのか分からず、引っ掻かれたりして感染する恐れもあるのです。害獣の被害は直接家や庭が荒らされるだけではなく、糞などによる被害、そして獣そのものにあるのです。特に病原菌はどうなるか分からないので、勝手に害獣駆除をするのは絶対に避けるべきで、最初に行うべきことは専門の業者に連絡をいれることなのです。怪我で済めばまだましで、病原菌によっては死の恐れもあるので、甘く見ないで対処する必要があるのです。そして害獣駆除をした後も、しっかりと対策を立てて二度と敷地内に入れないようにするのが大事なのです。