効率化とは

鳥獣保護法に関連して

人間の生活において重大な被害をもたらすような場合であれば、害獣として駆除しなければならない場面もあります。害獣駆除を行う場合に知っておかなければならないのは、鳥獣保護法です。これは野生動物を保護するために作られた法律で、これが適応される動物は基本的に駆除するには都道府県による許可を必要としています。外来生物など日本の生態系に大きな影響を与える存在であれば、この限りではありません。いわゆる在来種と呼ばれる野生動物たちは、害獣であっても個人によって勝手に駆除することはできないのです。そうしたことから在来種の害獣駆除を行う場合には、基本的には専門の業者に依頼する形になります。

害獣駆除

害獣駆除を行う場合には、基本的にある程度時間を要します。相手が野生動物である以上、警戒心もありますしそれなりに知恵もあります。しかし人間にも生活があるので、なるべく効率よく駆除作業を行いたいところです。そこで害獣駆除を行うにあたって、工夫することで効率を上げられる事例について少し見ていきます。害獣駆除は相手は動物ですから、その習性を知っておく必要があります。例えば昼行性なのか夜行性か、行動範囲はどのくらいで食性はどうか、といったような習性を知っておけばそれを利用して害獣駆除の効率を上げられます。一例としてネズミであれば、夜行性であり室内の移動に際しては壁際を移動するという習性があります。これを利用して、夜中に壁際に粘着シートなどのトラップを仕掛ける事で、むやみやたらにトラップを仕掛け無くてもよくなります。